記事銀行印には長期間にわたって使える印材を

最近では印鑑に使われる印材の種類も、印鑑の種類に合わせ多種多様なものが出回ってきています。
少し例をあげるだけでも、象牙を始め、黒水牛や河馬牙、柘植や黒檀、金属のチタン、さらには琥珀や宝石まで、ありとあらゆる印材が登場してきており、印材を選ぶだけでも何通りもあるので、どの種類の印鑑にどんな印材が合うのかは、知識なしではよくわかりません。

まず、銀行印を作る場合の話をしましょう。
銀行印は認印と比べると比較的頻繁に使うものではなく、口座を開設する時や、情報の変更、解約など、限られた用途で使うことになります。
そのため買い換えることもあまりなく、買い換えると登録の手間もかかりますから、できるだけ
長期間にわたって使えるものということが重要になってきます。
要するに、耐久性のある印材が求められるわけです。

銀行印の場合には、登録の要件が銀行ごとで変わってきます。
銀行印という性格上、複製されやすいものは断られる可能性が高くなります。
お金という資産が動く大切な印鑑になるわけですから、複製されるととても危険なことになります。
そこで、長期にわたって使え、その上で手彫りが可能な印材が適しているとなってくるわけです。
長く使える印材としては、やはり象牙や黒水牛など、動物の牙や角を使ったものがおすすめです。
これらを使って作られた印鑑は、朱肉の付きもよく、耐久性もとても高く粘りがあって、衝撃を受けたとしても欠けにくいので、銀行印だけでなく、実印を作る上でも適した印材といえるでしょう。
ですが、どのような印鑑であれ、管理を怠ってしまえばどんなに高級な印材を使っても、長期間は使えないので注意が必要になります。
逆に考えると、きちんとした管理ができるのならば、手彫りの印鑑も作れる柘(つげ)や黒檀などの木製の印材にすれば、そこまで高くない価格で実印や銀行印を作ることもできるわけです。

ただし、木材を使った場合は象牙や黒水牛などといった動物性の印材に比べ、朱肉の中に含まれる油分によって印材が劣化しやすくなります。
加えて乾燥にも弱い印材なので、印鑑を使った際は毎回ケースに入れるといった、きちんとした保管が重要になってきます。

もちろん印材や種類によって印鑑の値段は変わります。それにはどのような理由があるのでしょう。