記事認印に適した古印体

印鑑書体にはたくさんの種類がありますが、現在印鑑に使われている書体のほとんどは、中国で誕生した漢字の書体がルーツになっています。
書道で使う書体が基本になっており、古くから、簡単に崩したり、派生させたりするようなものではありません。

そのような印鑑書体の中でも、日本で生まれたといわれているのが、古印体という書体になります。
ルーツは「大和古印」と呼ばれる、奈良時代にあった寺社印になるといわれています。

鋳造した印鑑にある文字を基本としているといわれ、元々は鋳造に使っていた銅が隅々まで流れ込まず、文字がかすれてしまったような跡があり、それをまねて作ることで作られた書体だといわれています。
文字のかすれや、鋳造した印鑑に現れる独特の丸みを再現した書体になるため、独特の風合いがあり奥深い書体となるのです。

古印体の基本は隷書体で、元々の隷書体の良さを損なうことなく、文字のバランスも良く風合いがある書体として出来上がったのです。
他の書体に比べ、しっかりした文字を表現できるため、印鑑に使われる6つの基本の書体の中でも、可読性がとても高く、独特の丸みがつき、銀行印に使われることが多い書体です。
ただし、機械彫りのフォントとしても応用されていることから、既製品の認印にも多くみられる書体でもあります

可読性が高い書体ということは、認印に使った場合にでも、他の相手に対して判を押したのは誰なのかということがはっきりと伝わります。
難読な書体を認印に使ってしまうと、こういった流れが難しくなり、誰だかわからない印鑑が押してあるといった、印鑑本来の意味を喪失してしまうことになってしまいます。
そのため、可読性の高い古印体は、印鑑書体の中でも認印に適した書体だといえるでしょう。

印鑑の種類によって書体を使い分けるということはとても大事なことなのです。

数ある印鑑書体ですが、その中には歴史的なルーツにおいても、印鑑としての実用性においても信用ならない書体もあります。
おすすめできない印鑑書体についてお話します。