記事認印に入れる文字は何が適切か

印鑑に彫る文字とには、どんな文字が合うのだろうと迷ったことはありませんか?
大事な印鑑だからこそ、印面に彫る文字についてもよく考えないといけません。
書体は何を使えばいいのか、印面に彫るのは姓名にするのがいいのか、それとも名前だけにしてかわいく入れるのがいいのか、そんなことを悩むことが大切です。

大事な印鑑でなければ、書体も印影もなんでも構わないのですが、仮にたとえ認印であったとしても、自分の意思で押す印鑑になるのですから、それに使う印材や書体は気になって当然なのです。

大事な実印や銀行印であれば、氏名両方を入れることもあります。
それは、印鑑登録の要件によって決められたことでもありますが、それ以前に、実印や銀行印はなんでもいい印鑑ではないからです。

とはいえ、銀行印であれば、登録する銀行によってはそこまでの縛りはないですから、認識ができるようであれば問題はありません。

認印の場合は、自分の意志です。
しっかりと意思を伝えることが認印の役割なのですから、ちゃんと自分の名前を入れる必要があるのです。
認印についても他の印鑑と同じで、どんな場面で使うのかということが重要で、そのため仕事で使う場合にはしっかりとした印鑑を使うことが適切だと言えるでしょう。

単純に考えれば、認印という印鑑は「信用」という面が強いので、履歴書に名前だけを可愛い文字で入れた印が押してあったら、不信感を覚えるのと同じです。
個人用に普段使いで使う認印であれば、少し遊び感覚の入っている印鑑を作るのもも楽しいですけどね。

「印鑑」といっても全ては道具です。
どういった場面で使う印鑑なのかということを踏まえ、印材や書体も、その場に似合うものにすれば失礼なこともありませんし、長い間でも問題なく使って行ける印鑑になるのです。