記事署名捺印の効力と使い方

印鑑は普段の生活以外でも大切な意味を持ちます。
特に、ビジネスにおいて何かの契約書を交わすとき、印鑑の存在はとても大事なものになってきます。
そんな契約書には、「署名」と書かれていたり、「記名」と書かれていたりして悩むことは多くあると思います。
さらにはそこに「署名捺印」だとか、「記名押印」などと書かれると、いったい何がいいのだろう、何が違うのだろうと混乱してしまう人は多いのではないでしょうか。
捺印と押印に関して言えば、どちらも同じ物になるのですが、先にくる言葉によって慣例的に言い換えています。

「署名」というものは、本人が自筆で氏名を書きこむ事を言います。
諸外国のサインに当たるもので、とても証拠能力が高いものになります。
そこに加えて印鑑を捺印するということは、印鑑の証明能力も合わさり、とても高い効力を発揮できるようになります。
さらに、署名の後に捺印することによって、その後に何か書きこまれるような改ざんをさせない、という効力もあるわけです。

これに比べ、「記名」と書かれている場合には、ゴム印などで押してもかまわなくなります。
他にも代筆でも問題ありませんし、プリンターなどを通して印字してもかまいません。
ですが、現在の商法上では、記名押印するということは署名に代えることができるとしています。
そのため、署名捺印ほどの効力はないものの、記名押印は署名に次ぐ効力があると解されています

色々な書き方がされるものではありますが、重要性にも段階があることを認識し、書類の性格なども考慮したうえで正確な方法で捺印していきたいものです。


印鑑は印面が傷つき、印影が変わってしまうと効力を失ってしまいます。
証明能力をいつまでも失わないように、印材には軽くて丈夫なチタンがおすすめです。