記事法人でも重要な銀行印

印鑑は個人で使う分にはもちろん、会社など法人においても非常に重要な役割を担っています。

法人、特に会社は利益を追求する組織です。
利益なくしては運営ができませんし、まず組織として成立しません。
なので、日本の企業では銀行の口座を持つことが必須になり、ここに資産を預け運用していく、ということが会社のあり方の基本となっています。
口座を開設し運用するため、口座開設に必要不可欠な印鑑である「銀行印」法人で使用される印鑑の中でも実印にひけをとらないほど重要な印鑑なのです。

お金を管理するための印鑑ですから、実印を登録する際と同じように、銀行印にも銀行ごとに登録条件の規定があり、印鑑ならなんでもいいとは限りません。

まず、サイズにおいては、常識的な大きさの印鑑でないと銀行印として登録はできません。
印面に彫る書体に関しては、あまりに可読性の低く、何が書いてあるかわからないような書体だと断られる可能性があります。
なので、銀行印とする印鑑には、一定の可読性のある書体を彫るように心がけましょう。
そして、もちろん複製の危険性も考えられるので、ゴム印や三文判は断られることがあります。
しかし、一部の銀行によっては、そういった複製の危険性のある印鑑であっても、銀行印としての登録許可が出る場合があります。

ここで考えるべきことは、そういった複製の危険性がある印鑑を銀行印として使ったリスクです。
機械によって作られたゴム印や三文判には、同じ印面を持った同型印が多数存在します。
そのため、何らかの原因で通帳が誰かの手に渡ってしまい、印鑑を複製されてしまったら、その通帳は勝手に運用される存在になってしまうのです。
そのため、銀行印には手彫りの印鑑、もしくは、最低でも複製されにくい手仕上げの印鑑が必要になってくるのです。

こういった考えのもとで印面の大きさを考えると、あまりに小さなものではなく、18mm程度の直径は欲しいとも考えられます。
銀行印は、個人用のみならず、法人用の印鑑の中でも、実印に次いで大事な印鑑です。
なんでもいいといって作ったりせずに、セキュリティについてもきちんと考えて作りたい印鑑です。