記事実印を作る場合に適している書体

人生の中で、印鑑を使う機会はかなりの数、訪れます。
その中でも特に「実印」を使うとなれば、人生の中でもとても大事な場面となり、認印を押すこととは全く違う意味を持つ場面になります。
実印は、自分が自分であるということは証明するために使用する印鑑の中でも最重要なものになります。
車や家を購入したり、誰かの保証人になったりと、人生の節目にもなり得る重要なライフイベントの際に使われる印鑑です。

なので実印は、相手がいる場で使うものになってきます。
もちろん、それだけ大切に扱わなければならない実印ですから、とても目についてしまいます。
さらに実印は自治体に登録しないと実印とはならないので、印鑑証明も行っておかなければならないわけですから、印材や印影、書体は誰でも気になるところです。

そう考えた場合、実印に使う書体はとても気になるものだということになってきます。
実印に合う書体と考えた場合、印鑑に使用される際に基本となる6つの書体のうち、どれが合うのだろうかとなりますよね。

もちろん実印を作るとなれば、印材ともども安くは上がらないものです。
その金額もまちまちではありますが、実印の値段と、認印に使われるような三文判の値段とは比べ物になりません。
それほどのお金がかかってしまう実印ですから、しっかりとした印鑑書体を選択してから実印を作りたいと思うのは、人生に一本かもしれない実印を作ろうとする際には当然の考えでしょう。

一番わかりやすく実印に適していると思われる書体は、古くから印鑑に使われてきた篆書体になります。
同じ人間が書いても100%同じ印面にならないといわれている書体であり、そのため複製が非常に難しく、証明能力が命の実印にはとても向いています。
また、行書体草書体も篆書体をベースにしているので実印には向いています。
その理由はやはり、一定の可読性はあるものの、文字の省略や人によっての書き方の違いがあるために、複製が難しくなるからです。

実印を作る際は、複製されるような機械彫りでは危険です。
同型印が作りにくい書体で彫って作り上げることが大切になるのです。

それぞれの実用性が高い印鑑書体について学んでいきましょう。