記事実印として使うために印鑑登録する

実印を作るということは、人生の中における転機であるとも言えるでしょう。
実印は、車を買ったり、不動産の取引をしたりという、信用がとても多きなウエイトを占める取引において、自分を証明する手段の一つになります。

そのため、非常に重要な印鑑になるのですが、実印はただ作っただけでは実印としての効力がありません。

その理由は、住民票がある市町村に対して、実印として使うということを登録しなければならないからです。
この登録をして、印鑑証明書を発行し添付して、初めて実印だとなるわけです。
つまり、印鑑自体が実印になることはなく、実印に使っている印鑑の印影を自治体に登録してこそ、実印になるのです。

この印鑑登録ですが、各市町村によって登録のための要件が定まっており、どんな印鑑でも登録できるわけではありません。
自己を証明する大事な印鑑になるのですから、しっかりしたものでなければいけません。
一辺が8mm~25mmの正方形の中に収まる印影でなければいけませんし、印影が壊れそうであっても駄目なのです。
複製されやすい書体を使っていたり、耐久性に難がある印材を使っていたりすると、印鑑登録を断られる場合もあります。

印鑑登録に関する条件は、市町村によっても違いがあります。
市町村条例によって取り決めをするため、少しずつ違いがあります。
ですが、大事なこととして、図案化された印鑑や、変形する可能性が高い印鑑など、今後支障がきたすようなものについては拒否されると考えることです。

実印という性格上、しっかりとした証明能力がないと登録を拒否されるということは、それだけ安全になっているといえるのです。