記事印鑑の種類と契約書に押す印影

印鑑というものは、押して印影を残すことに目的があります。
朱肉をつけて押しつけるわけですが、この押すという行為自体に意味があるのです。
一般的な意味としては、「確認」の意味で判をつきます。
契約書の内容を読んで、その内容に間違いがないということや、その内容に自分も賛同する、という意味で押印します。

一般的にはそのような使い方でよいのですが、中には契約書やその他書類においての特殊な使い方が存在します。
契約書においては、後から改ざんされたり文字が追加されたりして内容が変化してしまうと、押した印鑑の意味さえも変わってしまうことがあります。
そういったことを防ぐ目的での印鑑の使い方があるのです。

例をとると、契印という使い方があります。
契約書で書面が複数に及んだ場合に使われるものです。
後から複数の書面を渡されては困りますし、バラバラにされて組み換えられても困ります。そこで、印鑑を見開きの中央に押したり、袋とじの帯などを外されないように押すのです。
そうすることによって、後から見た時に、書面が改ざんされていないかどうかが容易にわかるようにしているのです。

また、契印と似たようなものに割印があります。意味は同じですが、書面が正副ある場合に、それが正しい組み合わせであるという意味で、両方にまたがって押します。

こういった印鑑による改ざんもしくは複製の有無の証明のほか、収入印紙等を再使用されないようにしたり、はがされないようにする消印があります。
しかしこれは、印鑑がない場合でもサインで代用できます。

また、多くの人がよく理由も分からないで押してしまいがちなものに捨印があります。
後日、契約内容などに修正が発生した場合に、前もって印鑑を押しておくことで修正に対して「事前に了承した」、ということになります。
とても相手側に都合のいい使い方になるので、心配がある場合であれば捨印はせず、しっかりと変更内容を確認してから連絡をもらって押すということにしたいですね。

このように、印鑑には様々な使い方があります。
一般的にはあまり知られていない、印鑑の特殊な使い方を知っておきましょう。