記事会社の印鑑を実印として登録する

印鑑を実印として登録するということは、個人用の実印であっても、会社用の実印であっても、印鑑登録というものは簡単に済むものではありません。

印鑑は自治体に対してしっかりと実印として登録しなければ実印としての効力が発揮できませんので、面倒であっても登録しなければいけません。
内容を知っていればそこまで難しい手続きではないのですが、何も知らないで臨めばどういったものを用意するのかもわからず、二度手間三度手間になってしまったりもするのです。

個人の印鑑の場合は住民票がある市町村自治体に登録をすることになるわけですが、会社の場合は所在地を管轄する法務局に登録することになります。
その際には個人の実印と同様にサイズの規定があります。
ただし、印面に彫る文字数が多い法人の実印は一辺が10mm~30mmの正方形に収まることとサイズが少し大きくなっています。

登録できない印鑑にも規定が存在し、誰かが登録してある印鑑は当然使えませんし、ゴム印のように力で変形してしまうようなものも登録できません。
印面が欠けているものも当然登録できませんし、三文判も許可されません。

会社の印鑑というものは、個人の印鑑よりもはるかに大きな責任を背負います。
そのため、個人の場合よりも複製などには気をつけなければいけませんので、同型印などが存在するような印鑑では、元も子もないのです。
印材的にも長く持たなければいけませんし、機械彫りなどでは危険性が高くなってしまうために実印としてはとても使えないのです。
会社にとってとても大事な印鑑でもあります。
複製されないような手彫りで長く持つような印鑑を使っていきたいものなのです。