記事チタンを使って特別な認印を

社会人であれば、印鑑は必ず使うものとして一本は仕事場でも持ちますよね。
生活上であっても、実印や銀行印といった、いろいろな印鑑が必要になります。

例えば、認印であれば、仕事場に置いておいたり、家用の認印があったりと、個人で何本か持つことも珍しいことではないでしょう。
その中でも、仕事で使用する認印は、書類に対して押すことの多い印鑑です。
書類を見たということの証明や、内容に対しての承諾など、客観的な判断がしやすいために使われたりしています。
よく、サインですませばいいじゃないかという人もいますが、認印を使うことで、書面の中に大きなスペースを割くことなく、複数の人間の確認をとることができるのです。

そんな認印には、一般的にシャチハタの浸透印や、三文判が使われます。
このような比較的安価な印鑑を使うことは、価格面を考慮した場合、とても合理的です。
しかし、ある程度会社内での地位も固まり、重要な仕事などを任せられるようになってくると、安価な認印を押している姿が頼りなく映ってしまいがちではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、認印にチタンを使うことです。
チタンで作られた先進的で耐久性の高い認印を持つと、認印を押している姿にグッと頼りがいが現れてくるでしょう。
シャチハタの浸透印も便利ではありますが、印面がゴムであるために壊れやすくなりますし、印面も少しずつ変形してきます。
それに比べ、丈夫なチタンであればしっかりとしていますし、一般的な印材の中でも耐久性はずば抜けています。
そして何よりも他の人の目にスタイリッシュに写る認印になるのです。
自分の認印が三文判だという方は、チタンを使って認印を作る、という選択も一度考えてみてはいかがでしょうか。