記事とにかく便利な住所印

封筒や手紙に記入する住所を毎回手書きするのは大変ですよね。
印刷してしまえば済むのですが、取引先から送られてくるような重要な書類であればそうはいきません。
そういう時は、ゴム印を使うことによって住所を簡単に記入する住所印が必要になってくるのです。

書類に気軽に押せる住所印ですが、その種類は多岐にわたります。
住所だけが入っている住所印はもっとも基本の住所印で、住所の記入が必要などんな場所にも押すことができ、たいへん便利なものです。
これは、住所を記入した後に名前などを記入する場合において、手書きで書きいれることが必要な場合にもとても重宝する基本の住所印になります。
手書きに自信がない人でも安心なので、住所印は是非持っておきたいものですね。

さらには、住所印と姓名の印がバラバラにしたり組み合わせたりできる、便利なタイプも出てくるようになりました。
住所だけのものや名前まで入っているものなど、複数用意しておかなければいけなかった住所印が、一つのゴム印で組み合わせを変化させることで対応することができるために、収納の場所もとらず便利なものになっているのです。

住所印など、多くのゴム印はビジネスの中で使っていくのですが、もちろん個人用の住所印にも多様な種類があります。

1つ例をあげると、枠付きの住所印である「風雅印」があります。
風雅印は年賀状や暑中見舞いなどに簡単に押すことができる住所印で、とても趣があり綺麗に押せることから近年人気の住所印の一種です。
以前であれば縦書きのものが主流でしたが、現在では横書きのものも作成できるようになってきています。
印材も木材ばかりではなく、アクリル製のおしゃれな印材を使用した風雅印もありますので、部屋の中でもインテリアの一部として溶け込むような住所印になっています。

ビジネスだけでなく、個人の生活の中でも活躍する住所印は、ゴム印の中でも代表格の印鑑と言えるでしょう。

ゴム印や住所印だけでなく、生活の中で印鑑を使う頻度は思った以上に多いです。
その際、実印や銀行印を軽い気持ちや認印感覚で押してしまうと、後で思いもよらないトラブルに陥ってしまうかもしれません。
印鑑は用途に応じてそれ相応の種類を使うように心がけましょう。

印鑑の種類を乱用することによるリスク】を知っておきましょう。