記事とても加工しやすいゴム印

ゴムという素材は、飛び抜けた加工のしやすさと粘りのある柔らかさが特長です。
印材にもよく使われ、加工の仕方によってはとても複雑な印象を刻むこともできるために、とても多くの印鑑に使用されています。
ゴムは柔らかいので、一般的には印面にだけ使われ、印章部分には木材を使う場合が多いです。
また、ゴムを使った印鑑のことを「ゴム印」と呼びます。
ゴム印は主にビジネスシーンで使われます。

会社で使うゴム印といえば、住所印や代表者印になります。
手書きではいちいち手間がかかってしまう住所の記入を、いつも同様の長さや幅で押すことができるゴム印の住所印は、ビジネスシーンではとても役に立ちます。

代表者印に関しても、住所印などと組み合わせると、様々な場面で活躍できるありがたい存在でもあります。
現在では住所と名前をバラバラにすることもでき、用途に応じて順番まで組み替えることができるようなゴム印も作り出され、その使用用途はかなりの広範囲になってきています。

他にも会社の認印とも言える角印をゴム印で作る場合もあります。
特に、複数の角印が必要になる場合には、原画から複製が容易なゴムで加工することによって、同じ印鑑を複数作りやすいからでもあります。

加工しやすいゴムだからこそ、普段の仕事用にも多く使われています。
「Fax送信済み」や「受領しました」など、社内用で使われるゴム印や、「速達」や「請求書在中」など、相手に対して中身を見なくても特定の部署に届けてもらえるように注意喚起するゴム印など、その用途は無限にあるとも言えます。

とても便利で汎用性の高いゴム印ですが、加工しやすい反面、素材として柔らかく、高い耐久性を持てないために、実印や銀行印にはとても不向きだと言えます。

ゴム印を使えば、今まで手書きで書いていたものが色々効率化できます。
その中でもとても便利な「住所印」について調べてみましょう。